骨折からのサブ3!その30 (2018/07/25)

ランニング

ごきげんよう、諸君!モザイクリワード研究所、所長兼所員の仲手川です。

今回はベンチマークにして30回目のランである。果たして私は成長しているのか?

骨折からのサブ3!とは

左足の骨折から約2ヶ月半を経て、ようやく松葉杖からも開放されたので、フルマラソンにおける自己ベスト3:12:47(ネットタイム)の更新と市民ランナーの金字塔的記録、サブ3の達成を目指す名前そのまんまのチャレンジ企画である。

 

本日のランサマリー

距離: 6.59km
平均ペース: 5'56"/km
平均心拍数: 130bpm

なるべく精度を高く計測出来るよう、信号待ちのないコースを走るために、ウォームアップを兼ねて近くの河川敷まで行ってからベンチマークランをスタートさせた。プログラムの最初の7分はウォームアップでジョグ。そのあと3分間のベンチマークがあって、5分のクールダウン、というメニューをこなし、そのまま自宅までジョグで戻るというような内容をこなした。

 

ペース / 心拍数 / ピッチ

3kmちょい手前あたりからベンチマークがスタートし、その間は4'/kmを切るくらいのペースで走った。最後の最後で疲れが出てきて、若干はペースが落ちたものの、ほぼイーブンペースで走ることが出来た。ピッチと心拍数もそれと連動するように上がっている。また、この区間は左右のバランスも良くなっており、早く走ろうとすると全体的なフォームが整ってくるのがとても興味深い。こういったスピードを出すトレーニングは、フォームを改善する役割も果たすようである。

 

トレーニング効果

最近のトレーニングでは珍しく、無酸素運動の効果が若干だが、あったようだ。これもベンチマークでスピードを上げたからだろう。

ゾーン

すべてのゾーンに万遍なく達しているみたいである。いつもは結構偏りがあるがバランスは良いようだ。これが何を示すかは...ヨクワカラナイ。

 

比較その1

前回のベンチマークと比較してみた。恐らく4km辺りがベンチマークとして走った区間だと思われる。そこを見ると前回が4'56"/kmだったのに対して、今回が4'40"/kmなので16秒も早くなっていることになる。過去の記録を見てみると、2回とも少なくともベンチマークに至るまではほぼ同じコースを辿っているので、この数字は目安にしてもいいだろう。

 

比較その2

今度は20回目と30回目を比較してみた。こちらはランの種類がそもそも違うので、あまり比較にはならないかな?

まとめ

数値を見てみると、少しは成長しているようである。実際に走っているときも大分、昔の感覚を取り戻してきている感がある。その一方で、10kmを超えるような距離になるとまだまだ辛いので、持久力不足は否めない。さらなる鍛錬が必要である。